『Ruffn’ Tuff 〜永遠のリディムの創造者たち〜』バラエティ(一般動画) DMM

バラエティ(一般動画) DMM [388001]

『Ruffn' Tuff』は、石井志津男監督が親交の深い伝説のキーボーディスト、グラッドストン“グラディ”アンダーソンからある日“スカの誕生の秘密”を聞いたことをきっかけに企画された。「今の話を記録として残しておきたい」という、氏のジャマイカ音楽への限りない愛情から派生したものだ。 メントやカリプソを原型にスカが生まれ、ロックステディ、レゲエへと変遷してくジャマイカ音楽の埋もれた歴史。その現場に立ち会ったグラッドストン“グラディ”アンダーソンのインタヴューをベースに、アルトン・エリス、ボブ・アンディ、リロイ・シブルス、U−ロイなど様々な伝説的ミュージシャンの証言や貴重な映像を織り交ぜながらその歴史を検証していく。なかでも本編で使われている生前のキング・タビーの映像は、世界中を探してもこの作品でしか存在しないという秘蔵のもの。 2006年の公開時から国内の多くの著名人、音楽関係者から絶賛を受けた本作。その反響は海外にも届き、2009年サクラメント国際映画祭では公式招待作品に選出、2009年ラスベガス国際映画祭ではオフィシャル・ファイナリスト賞を受賞し、2010年には本国ジャマイカで開催されたレゲエ・フィルム・フェスティバルにてインターナショナル・ドキュメンタリー部門を受賞するなど、ドキュメンタリー作品として国際的に認められ海外のレゲエ関係者からも賛辞が寄せられた。

まじ僕もうるさい周りでいろんなニュースが起きますと、ブログも書きたくなるってもんです。今日は日本のみんなが知りたがってる、あのRuffn’ Tuff 〜永遠のリディムの創造者たち〜に関する情報に沿っての説明です。それは今やこれだけ民衆を騒がせているからには、チョイスしないわけにはいかないでしょう。これほどにも話しのネタになっている秘密はどこにあるのでしょうか。ここってけっきょく、斬新さなんだろうか。過去に見ないできごとだから関心が深く、よりたくさん奥まで確かめてみたくなるのです。ふと何かを考えさせるような場面がありましたね。無限の想像を噴出されていました。そしてこの頃のバラエティ(一般動画)に対して。追い風に乗せられて、まさしく血気盛んな勢いではないか。この方自身についても話題性があると思うけど、このことってさすがに予想できなかったケースではないですか。それで以前の雰囲気からまるっきり変わってそうです。本人の印象ってどうなんだろうか。一語だけでも、リアルでこの方と雑談を交えてみたいなと想像してみました。しかしRuffn’ Tuff 〜永遠のリディムの創造者たち〜に対しても驚きでいます。刷り込み最大。話しの主題にされていたのも納得です。この程度でここにまで盛り上がってると、今後の情報が気になります。しばらくの間このニュースで必死になれそうな気分です。この頃夕食が進むのはこのせいだったのだろうか。これほどまでに熱狂的になれたのはRuffn’ Tuff 〜永遠のリディムの創造者たち〜にバラエティ(一般動画)などのおかげ。ほんとうに有り難いよ。先にもコロコロとうわさの欠片が転がってそうなんで、さらにフォローを続けてみます。

↑↑↑

タイトル
Ruffn’ Tuff 〜永遠のリディムの創造者たち〜
出演
ジャンル
バラエティ(一般動画)
価格
300 円 ~
シリーズ
配信開始
2018/3/9 0:00
レビュー数
レビュー平均点